焼肉店ユッケで男児死亡、20人以上重症。

なるべく安全なものを食べようというのは風評被害とは別で焼肉店も消費者もしっかり考えるべき。
①お肉は生で食べると食中毒になることがある
②生肉を子供が食べると危険
③「生食用」の牛肉、鶏肉はほとんど流通してない

厚生労働省 食中毒統計資料⇒http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/04.html
生肉による食中毒は珍しくない。

①と②は常識的なことですが、③はあまり知られていない。
知っている大人が「めったに起きることじゃないから気にしない」と言うのは構わない。

焼肉店で「このユッケは加熱用の肉を使用しています」と言われたら注文者は激減します。
危険性を知らず、安全と信じさせられた客が被害に遭われたのなら、これほど悲惨なことはない。
今回の事件では何の落ち度もない子供が亡くなってしまった。

まさかと思い、人気の投稿レシピサイトを開いて目を疑った。
スーパーの「加熱用肉」を生食する家庭が少なくないらしい。
しかも「子供に人気」、「安い肉でも」などという文字が並ぶ。
めったに起きないから本当にいいのでしょうか?


「それにしても酷い会見だ。」

ほとんどの焼肉店が慣習的に加熱用肉を生肉で提供しているのなら、ほとんどの焼肉店が信用失墜しても仕方がないこと。
優良な焼肉店が生き残るだけのお話です。